江戸版・聖パロマの夜祭り〜火事とケンカは江戸の花の巻〜 

La Verbena de la Paloma  Versión EDO 

2019年12月1日(日)スペインクラブ銀座
2020年3月1日(日)高円寺エスペランサ 
2020年3月17日(火)フアン・デル・エンシーナ劇場(サラマンカ大学)
            TEATRO Juan DEl ENZINA

演出・日本語台本・字幕 桜田 ゆみ

◯登場人物(スペイン遠征組)

 

風利吉……………………古澤 利人

お佐奈……………………桜田 ゆみ

お倫/能の謡……………須永 尚子

薬屋の伊良衛門…………小野 勉

お留………………………武井 直美

おカス……………………古澤 薫

セバ蔵/親分……………山口 宏一

能のシテ…………………サリナ

蕎麦屋……………………濱田 吾愛

お茶屋のお雪……………高橋 由希

お鈴………………………鈴森 ゆい

お宮………………………天宮 茄奈

お道………………………武藤 道子

利空之新…………………古澤 利空

音之介……………………古澤 利音

近藤 勇……………………平岡 基

ピアノ……………………高島登美枝

照明・音響・映像………金澤 貴也

あらすじ

19世紀のマドリッドを舞台にした、一幕もののサルスエラ(ヘネロチーコ)の大傑作。スペイン生粋のサルスエラ「聖パロマの夜祭り」は、マドリッドの下町ラ・ラティーナに暮らす人々の物語。これを日本の江戸に置き換えまして… 

時は1860年、ところは日出ずる国、ハポン!夏祭りが開かれる日、浮世絵師の見習いをしている風利吉(ふりきち)は、恋仲のお佐奈(おさな)のことで悩んでおります。

一方、お佐奈の方は、やきもち焼きの風利吉に呆れているところ。

美人姉妹で有名な、お佐奈と妹のおカスは、叔母の留(とめ)と一緒に長屋に住んでおりますが、叔母は、初老のお金持ち、薬屋の伊良衛門(いらえもん)に、ふたりのどちらかを売り込もうと考えます。伊良衛門と姉妹たちが夜祭りに出かけようとしたところで、風利吉と鉢合わせ!風利吉はお佐奈に詰め寄り、伊良衛門に飛びかかります。野次馬もやって来て大騒動になりますが、結局のところ、お佐奈が「嫉妬するあんたを見て楽しんでいただけよ、ごめんね!」と誤り、風利吉も許し、一見落着。

「さぁ!皆で夜祭りを楽しもうじゃないか!」と、大団円で終わります。

【作品概要】

トマス・ブレトン作曲/リカルド・デ・ラ・ベガ台本

Compositor:Tomás Bretón/Libretista:Ricardo de la Vega 

Fecha de estreno:17 de febrero de 1894

Lugar de estreno:Teatro Apolo Madrid 

日本語初演上演 2004年9月6日、8日(於:オペラサロン・トナカイ)

© 2001 Asociación de la Zarzuela de Japón 

日本サルスエラ協会

​無断転写を禁止します。

当ウェブサイトに掲載されているコンテンツ(文書、映像、写真、音声、プログラム等)は、著作権法、関連条約・法律で保護されています。これらのコンテンツについて、権利者の許可なく一部又は全部をそのまま、又は改変して転載・転用・送信・配布・編集・複製により利用することは、メディア・手段の如何を問わず固く禁じます。