パロマの前夜祭(ラ・パロマの夜祭り)

La Verbena de la Paloma 

2018年1月18日(木)再演 代々木上原MUSICASA
2018年7月7日(土)スペイン語公演 インスティトゥト・セルバンテス東京 

【作品概要】

トマス・ブレトン作曲/リカルド・デ・ラ・ベガ台本

Compositor:Tomás Bretón/Libretista:Ricardo de la Vega 

Fecha de estreno:17 de febrero de 1894

Lugar de estreno:Teatro Apolo Madrid 

日本語初演上演 2004年9月6日、8日(於:オペラサロン・トナカイ)

あらすじ

パロマの前夜祭」「ラ・パロマの夜祭」は、1894年2月17日、マドリッドのアポロ劇場で初演されました。今も昔も変わらない、スペイン生粋の物語、ひと組の男女の痴話げんか、真夏の夜の大騒動!ヘネロ・チーコの決定版 “パロマの前夜祭”は、8月のマドリードのパロマ祭の夜に、焼きもち焼きのフリアンと、一枚上手の小粋なマドリード娘スサナが、下町ラティーナの住人を巻き込んで、てんやわんやの騒ぎをおこします。開幕序盤からスペイン音楽独特の華やかさ、リズム、民族色を存分に聴かせるこの作品は、マドリッ子にとってはポピュラーソングの劇中歌「マントンつけてどこいくの?」のナンバーが有名。お祭りのフラメンコシーンや、「セギディージャ」では、舞台と客席で一緒に歌って楽しみます。「パロマの前夜祭」(ラ・パロマの夜祭)を見れば、江戸っ子ならぬマドリッ子の気分に成って、真夏のスペインを満喫できること間違い無し。¡Viva La Verbena de la Paloma!

日本語台本・演出 桜田 ゆみ

◯登場人物(セルバンテス公演)

 

フリアン…………………古澤 利人

スサナ……………………桜田 ゆみ

リタ/カンテ……………和田 朝妃

ドン・イラリオン………小野 勉

アントニア………………武井 直美

カスタ……………………藤本恵美子

ドン・セバスティアン…山口 宏一

子守り​カエターナ………武澤 佳絵

フラメンコ・ダンサー…サリナ

ハレオ……………………濱田 吾愛

舞踊手……………………土井 わかな

舞踊手…………………小長井嘉奈子 

夜番クニート……………武菱 邦夫

クニートの妻……………福長 昭代

マドリードの若者………本橋 祈

マドリードの娘たち……白鳥亜美香

              鈴森 ゆい

           天宮 茄奈

マドリードの子供………古澤 利空

           小倉 結佳

ピアノ……………………柳津 昇子

バイオリン………………副島 聖代

照明・音響………………佐野 拓世

           たきざわ勝彦

パロマチラシ表.jpg

To play, press and hold the enter key. To stop, release the enter key.